大災害の恐怖を忘れない為に

テーマ:厳選書籍   2013-5-8

2年前の東日本大震災により、多くの人にとって「大地震」という言葉が身近になったのではないだろうか。
事実私も、東日本大震災の時は帰宅困難者となり言い表せないような恐怖感に包まれていたことは記憶に新しい。
それ以降というもの家のタンスは全て固定し、家族と災害時の集合場所を決め、非常食や、非常用の水もしっかりと準備して備えるようにしている。

とは言っても人は時が何かと経つと忘れてしまう生き物でもある。
だからこそ、定期的に頭の中に叩き込み、常に万事に備えておくということが必要だと私は考える。

そこで先日ある書籍を私は読んでみた。
それがこの、「大地震発生! あなたと家族の命を守る安全な場所はここだ!」である。

この書籍では「公共施設」「オフィス」「自宅」「乗り物」「高層ビル群」などシーン別にそれぞれ震災に合った時の対処法に関する「知識」が述べられていて、しっかりと対応するための指針がしっかりと詰まっている。
また、一番ありがたいのはこの書籍が電子書籍であるということである。
もしも震災に合った時、誰と連絡が取れない時でも手軽に見ることが出来るというのは素晴らしい部分だと思う。

恐らくもう2~3年たてば東日本大震災の恐怖も記憶も薄れていくことであろう。しかし、この本を読み、忘れてはいけない教訓は再び思い出し、心に留めておくことが今一度必要であると私は強く思う。

大地震発生! あなたと家族の命を守る安全な場所はここだ!

管理人について

 性別:男
 年齢:58歳
 <自己紹介>
 子供たちの将来がより豊かになるように
 色々な書を読ませたいと考えています。
 読まずに読めというのも納得がいかない
 ので私が読んで納得した、子供たちに読
 ませたい本について書き綴っていきます。

最新の記事一覧

月別記事