努力を見つめなおす

テーマ:厳選書籍   2014-7-7

成人を迎え、大学を卒業し、社会に出ることになるのが20代である。人生にとって本当の意味でのスタートラインとなるのがこの20代だと言ってもいい。そういった時期であるからこそ、この時期には努力をしなければならない、というのがよく言われることである。

その中で言われることの一つとして、20代は我慢をしなければならない、ということがあげられるだろう。若いものはともかく努力をし、我慢をし、自分のためになることをしていくべきである、ということだ。勿論、この考えかたというのは大方間違っているというわけではない。しかし、その考えかたについてもう一度見つめなおしてみるのも一つの重要なことである。

ここでは、そんなともかく我慢、ともかく努力の20代に向けてあえて読んで頂きたい『20代にしなくていい20のこと』という本を紹介する。この本ではタイトルの通り、20代においてはしなくても良いことがある、ということが示されている。

例えば、「我慢」はその1つである。会社に入ったら我慢して務め続けろ、ということを言われる事が多いが、果たして本当にその考えかたで自分の将来を幸せなものにすることが出来るのだろうか?そのことを見つめなおしてみるのも良い。

20代にしなくていい20のこと

管理人について

 性別:男
 年齢:58歳
 <自己紹介>
 子供たちの将来がより豊かになるように
 色々な書を読ませたいと考えています。
 読まずに読めというのも納得がいかない
 ので私が読んで納得した、子供たちに読
 ませたい本について書き綴っていきます。

最新の記事一覧

月別記事