奥州藤原四代による平泉建設の物語

テーマ:厳選書籍   2014-7-16

歴史小説を読むときに、文字だらけの小説だけでなく、マンガで楽しみたいと思っています。マンガは絵が描かれているからかもしれませんが、臨場感溢れるシーンがたくさんあり、楽しみながら読めるからです。

「奥州藤原四代(1)」は臨場感たっぷりの本です。この本は、未開の地・東北に奥州藤原の清衡、基衡、秀衡、泰衡といった四代が、京に負けない平泉を作るという物語ですが、この想いからは藤原四代の熱意が伝わってきます。

この黄金の都・平泉づくりの物語の本は、直木賞作家の今東光を原作としたマンガです。今東光が僧侶だからかもしれませんが、内容はものすごくリアルで、非常に濃いことが特徴となっている本です。

「奥州藤原四代」の第1巻では、奥州藤原氏の基礎づくりが中心となっていますが、彼らが東北の支配者として努力する姿はマンガは絵が描かれているからでしょうか、ものすごく感動が得られます。

京に負けない都づくりが四代にわたって行われてきたということは、彼らにとって私的な利益ではなく、東北という地において都の建設といった公的な利益を求めた感じがします。この本は、東北において彼らの強い思いが伝わってくるものです。この本は、色々な人に読んでもらいたい本の一つです。

奥州藤原四代(1) height=

努力を見つめなおす

テーマ:厳選書籍   2014-7-7

成人を迎え、大学を卒業し、社会に出ることになるのが20代である。人生にとって本当の意味でのスタートラインとなるのがこの20代だと言ってもいい。そういった時期であるからこそ、この時期には努力をしなければならない、というのがよく言われることである。

その中で言われることの一つとして、20代は我慢をしなければならない、ということがあげられるだろう。若いものはともかく努力をし、我慢をし、自分のためになることをしていくべきである、ということだ。勿論、この考えかたというのは大方間違っているというわけではない。しかし、その考えかたについてもう一度見つめなおしてみるのも一つの重要なことである。

ここでは、そんなともかく我慢、ともかく努力の20代に向けてあえて読んで頂きたい『20代にしなくていい20のこと』という本を紹介する。この本ではタイトルの通り、20代においてはしなくても良いことがある、ということが示されている。

例えば、「我慢」はその1つである。会社に入ったら我慢して務め続けろ、ということを言われる事が多いが、果たして本当にその考えかたで自分の将来を幸せなものにすることが出来るのだろうか?そのことを見つめなおしてみるのも良い。

20代にしなくていい20のこと

我欲をまずは捨てること

テーマ:厳選書籍   2014-7-3

「お金が欲しい」という人は世の中にたくさんいるとおもいます。多くの人はお金を得るために様々な仕事をしていますよね?ただ、中にはより大きなお金を得たいと考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、お金を得るというのは簡単なことではありませんよね。そこで、お金を得るための方法、考えかたを紹介している一冊、『お金の願望を捨てるとお金が無限に入る ――円は縁で引き寄せられる 』をお勧めします。

この本は、お金を稼ぎたいと思うのであれば、まずはお金を稼ぎたいということを考えるのをやめるべきである、ということを言っています。欲望というのは原動力でもあるので、これについては全面的に肯定するべきかどうか、ということについては考えなければいけません。

この本の内容で言っていることはそういった精神的な部分ではありません。我欲のために行なうお金稼ぎというのは、限界があり、本当の意味でお金を稼ぐことが難しい、ということを言っているのです。お金を稼ぐために欠かすことが出来ないのが人と人との繋がりであり、人間関係こそが、お金を稼ぐために重要なポイントです。

我欲のためではなく、相手のことを考えることが、お金を稼いでいくための近道なのかもしれませんね。

お金の願望を捨てるとお金が無限に入る ――円は縁で引き寄せられる

管理人について

 性別:男
 年齢:58歳
 <自己紹介>
 子供たちの将来がより豊かになるように
 色々な書を読ませたいと考えています。
 読まずに読めというのも納得がいかない
 ので私が読んで納得した、子供たちに読
 ませたい本について書き綴っていきます。

最新の記事一覧

月別記事